横浜だからこその家族葬

横浜のような大都市で暮らす人たちは、葬儀のスタイルとしてすでに家族葬をチョイスしていると思われます。家族だけで葬儀を行うのは、故人との最後のお別れをより充実したものにするとして選ばれていますが、忙しいという理由もこのスタイルを一気に広めた理由となっていると思われます。家族だけなら連絡も取りやすいですし、もし親族の中で葬儀に参列できない人がいたとしても、そこは身内のこと、理解も得やすいと思われます。他人の目があれば体裁を繕うことも必要ですが、家族だけなら仮に弔電がまったく届かなくても気にする必要もありません。今は寿命が延び、定年退職してから何十年と生きる人が珍しくないことから、自然と社会とのつながりが希薄になっていく中で一般葬を行う必要などないというのが本音です。その意味では大都市横浜ほど、家族葬のニーズは増え続けていくと考えられるでしょう。

横浜で選ぶ家族葬か一般葬かの違いは

横浜は東京都心に出ていくにも、交通網が発達していて非常に便利です。そのため、東京都心で仕事を持ち、住まいは横浜という人も多くいます。都心で仕事をしている人の身内に不幸ができたとき、一般葬であれば仕事仲間にも便利なように都心の葬祭場で葬儀をすることを考えないといけませんが、家族葬であればそのような気遣いは無用です。あくまでも住んでいる場所で便利な葬祭場を借りて、家族だけのお弔いをすればいいでしょう。たとえば手広く事業をやっていて、取引先や懇意にしている人たちに知らせる必要があるという人の葬儀なら、一般葬で大々的に行う必要もありますが、年を取ってからあの世に召されたのならば、家族が送ってくれればそれで十分だと言えます。どんな立場の人が召されたのか、それによって葬儀のスタイルは大きく変わってくることでしょう。

横浜でも増える家族葬という選択

横浜は古くから開けた港町として知られているだけに、この街に憧れて住まいを持つ人も多くいます。暮らしの拠点を構えるということはそれだけ家族が増えることであり、たくさんの生活が営まれる場所となります。年月が経てば人は年を取り、いつかはお迎えの時がやってくるでしょう。横浜で葬儀をするとなれば、昨今、家族葬にするか一般葬にするかという選択になると思われます。年齢の順にお迎えがくるとは限らないものの、普通に考えれば親の葬儀を子供が行うのが一般的です。その際、家族だけで弔うのか、友人やご近所さんなど生前交流のあった人たちにも来てもらえるようにするか、それが一番の焦点になるでしょう。傾向としては家族葬が選ばれることが多く、友人やご近所さんには後日改めて知らせるというのが一般的になりつつあります。横浜でも、そうした選択が多いのではないでしょうか。